NEWS

意志の弱さが脳疲労⁉

 

知恵袋VOL.3で、

「全ての疲れは脳が原因」

テーマにあげました。

 

今回、脳疲労に関して、

新たに衝撃が走った(笑)

ことがあったので、取り上げますね!

 

以下は、川村総合診療院の川村則行医師

 

脳疲労を招く要因としては、

日々のハードワークやストレス、睡眠不足

などがあげられるが、共通することは、

 

決めたことを実行する力の弱さ

 

ささいなことでも

『疲れたから』

『やめられないから』

といった理由でなおざりにしてしまう。

 

それが睡眠不足や不安、

後悔などに繋がり、脳疲労が蓄積する。

脳が疲れるから実行できないという悪循環に陥る。

 

そうそう、その通りと

ダイエットが成功しないのも(笑)

英会話がいつまでたっても修得できないのも(笑)

 

また、「脳から身体を治す」著者の久賀谷亮医師

病気になりやすい人に共通する脳(考え方)とは

 

  • ハイパーセンシティブ(過敏に反応する)
  • ネガティブ
  • 完璧主義
  • 心がさまよう

 

これは考え方の癖であると

 

 

そしてこの「心がさまよう」とは

一つのことに集中できずにあれこれ考える癖、

やっていることと違ったことを考える癖

 

こうした考え方をすると

脳内の「DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)」が過剰に働いて、

他のことにエネルギーを使えなくなることから、

免疫やホルモン、自律神経などにも影響を及ぼし、

強いては病気に。。。

 

じゃあ、どうすれば良いのかと考えると

 

この瞬間に感謝して、意識を集中して、

出来ることを気持ちよくやり

(気持ち良くなり様がなかったら笑

せめてものひたすら淡々と、やれることをやる)

出来なかったことを悔やむのではなく、

もっと上手く気持ちよくできるには

どうしたら良いのかなぁ~と想いを巡らす  

そんな癖を付ける。。。といったところでしょうか。

 

ですが、言うは易く行うは難し ですよね~

年十年間もその思考回路で生きてきたのですから

でも、自覚するところでしか

自覚⇒訓練⇒習慣⇒癖

には向かいませんよね!

 

私は、これを最短で癖に出来る方法を見つけましたよ~

次回はそれをテーマに!


[R-45倶楽部 - 最近の投稿]

ページトップへ
マカフル誕生ストーリー